アクセスカウンタ

<<  2016年11月のブログ記事 zoom RSS

トップへ


お引っ越しのお知らせ

2016/11/09 00:15

まだ、何も書いてないんですが、
こちらにお引っ越しいたします。

toma31.hatenablog.jp

ブログ名も変えちゃいます。
私の頭の中でこねくり回してたことは、
意外と無駄じゃなかったと、最近思ったので(笑

こっちもまた、暗黒部分をデロデロと吐きにくるかも。
来ないかも。

とりあえず、ノープランなんですが、ね〜。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人は見たいようにしか見ない。聞かない。という話。

2016/11/06 08:08
Facebookに、絵本作家の「のぶみ」さんのコメントがあがってきて、
思い出したことがあります。





何年か前の、お正月くらいしか会わない兄との対話。
「お前がやせたのは、お母はんのお陰やな」と。

そう中学生ぐらいまでは肥満でした。
(ま、今は肥満に戻りつつありますが)
このままではいかん!と、コンプレックス満載の私が
ダイエットに励んだ高校生時代。
1年ほどで15キロ以上は減らしたと思います。

まず、食べる量を減らし、
お腹が空いたら自分でリンゴを買って、
半分を細かく切って食べごまかし(少しでも多く見せて脳をだますため)、
腕立て伏せ&背筋と腹筋、ウエストねじり体操などをし、
犬の散歩は、犬が「もうおうちに帰りたいです」というくらい
歩き倒し(2匹いたので、別々に2回)。
汗をかくのがよいと言われていたので、
体にラップを巻いて寝たり半身浴をしたり…

という、努力があっての減量なんですよ。
母のお陰だけではない。

おっさん(兄)、何言っとんねん!と、
その時はカツーンと頭にきながらも
最初は冷静冷静にと自分に言い聞かせて
誤解を解こうと話をしました。

私「父が病気やったから、確かに家の食事は脂分少なめやったけど」
兄「そやろ。それでやせたんやろ」
私「違うって。私、あの時はほとんど食べへんかったし、運動もしてたし」
兄「運動っていっても、そんなにはしてへんやろ」
私「犬の散歩とか、犬が参りましたっていうくらい、
 別々に2匹散歩して、プラス運動も結構してたよ」
兄「そんな〜(お前にそんな根性あるか…的な)やっぱり、お母はんやろ」

で、私、ぷちん。
「知らんくせに、知ったようにいうな〜〜!!!!!
 そんな食事がちょっと変わったくらいで15キロも痩せん!」
で、エンド。

ま、「キレる」に耐性がないときなので、速攻キレました(笑

母と兄でどんな会話をしたのかは知りませんが、
母は「自分が最高!」ということをアピールしがちな人でしたし、
兄は兄で「お母はん、最高!」って人だし。

ほんましゃーないな!しょーもな!
とか、兄に対してイライラしたんですね。
※「どうしようもないですね!くだらない!」って意味です。
母に対しても、なんで勝手に自分の手柄にしてるねん!
という思いも、もちろんありました(笑

のぶみさんのコメントで、この話が蘇ったのですが
男が女が、という訳ではなく、
結構、人はものごとを「見たいようにしか見ない」のでは
ないかなと思いました。

なぜ、そういうことをするかというと「自分のために」。

自分の今の思いやこだわりを肯定するために、
「見たいようにしか見ない」傾向。

もう少し、自分ごとにあてはめてみますが、
私は、何か悲惨な事件のニュースをみると、
その出来後について抱え込んでしまう傾向があります。

古くはコンクリート詰め殺人に宮崎勤、
神戸の少年A事件とかね。

自分とは関係のないところで起こった事件ですが
ニュースを見ると、皆さんの同様にかなりの衝撃を受けますし、
その思いを「自分なりの解釈」で
ちょうどいい所に、心の収まりのいいところに
収めようとするんです。

んで、何でそんな事件が起こったんだろう?
なんでその人は殺されたんだろう?とか。
マスメディアの報道そのままを資料にして、
結果もだせないまま、グルグルと考えてしまうんです。
何日も何日も。

そんな時、読んでいたエッセイ集で
こんな風な言葉に出会いました。

「どんなに残虐な出来事が起こっても、
 それは自分以外の出来事で、それを探ることはない。
 訳もわからないまま、犯人の“追体験”をすることはない」

要は、「犯人のことは、ほっとけ」ってことだと
その時の私は解釈したのです。

これは、私にとって救いのような言葉でした。

わからなくていい。残虐な犯人のことは。
ただ、犠牲となった方に悲しみの思いを寄せればいい。

こういう思考を持つことで、
残虐な犯罪が起こっても、以前より少しは
気持ちの整理が付けやすくなったと思います。

この「犯人のことはほっとけ」を覆す本との出会いがあるのですが…
それはまた後日で。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クラウドソーシングの絶望的な「稼げなさ」

2016/11/02 06:16
試しにやってみようかな…と某クラウドソーシングに
登録して、実際に仕事もしてみたのですが…。

ちなみに、クラウドソーシングとは、
こんなものです。
http://e-words.jp/w/クラウドソーシング.html

NAVERのまとめにもあるように、
破滅的に安い…
http://matome.naver.jp/odai/2143209657970770901?&page=1

私はコピーライターなので、
申し込んだのは、健康情報系の記事。
普段、仕事でも同じようなものをやってるので
それほど負担にならないし、まぁいっか。ぐらいで
受けてみました。

継続ありで、テストライティングの後は報酬を増やすますよ!
というもの。文字数は2000文字〜3000文字でした。

で、テストライティングの価格といえば1000円以下なんですよね。

健康情報って、調べ物が多いんですよ。

依頼する側も、その辺は重々承知で
「10サイト以上は調べてください!コピペは言語道断です!
 発覚したら報酬払いません!」
と口酸っぱく言ってます。

ま、コピペ不可は当たり前なんですが…。


で、実際書いてみると、4時間とか5時間かかる。
サクッと資料が見つかればいいけど、
もちろんもっと時間がかかる時もある。

ん〜、時給換算だと、200円とか、それ以下とか…。

「慣れていない人も歓迎!」とか言ってるけど、
慣れてなかったら、もっと時間がかかるでしょ…
時間単価でいえば、もっと下がりますよね。

で、テストライティングが終わって、
「継続をお願いします!」ってなっても
1本あたり1000円をちょっと超える程度。

あれ?使える記事を書けるから継続なんですよね。
それでもこの価格??という感じです。

異常に安い。

えーっとですね。
もし私がクラウドソーシングで頑張って、
1本の単価が1500円まであがったとしましょう。

んで、毎日1本ずつ記事をあげたとしますね。
平日すべてをこれに費やしたとして、20本、書くことが可能。

1500×20本=3万円

さんまんえん…


クラウドソーシングを副業にするとして
仕事の合間に週1本仕上げるとして

1500×4=6000円

ろくせんえん…

メインで働くにしては荷が重い上に
壊滅的に安いし、副業にするにも、なぁ…

おまけにね、手数料が取られるので、
この三万円やら六千円が、
そのまま手元に入るわけではありません。


と言うわけで、もう利用しないと思います。

もし、お金に困ったら
これまで経験してこなかった仕事の
パートに出る方が、自分のためにもなりそうだもん。


ま、やらなきゃ分からなかったので、
よい勉強になったと思うことにしますよ。


これで仕事が回ってるとしたら、
ホントにさ、価格破壊につながるよな〜。

ライターもコピーライターも、奴隷じゃないぞ!

自宅で働ける、新規の仕事との出会いがある
というところまでは非常に良いシステムなので、
何とかならんもんかなぁと思います。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ガーベラの長持ち方法と、メッセージ?

2016/11/01 07:32
画像


最近、家にお花を飾っています。

花自体は嫌いじゃなかったのですが、
切り花ってなんか可哀想かなぁとか思っていて。

でも、飾り始めると、
やはり気持ち的に安らぐというか、優しくなれるというか…。

お気に入りはガーベラで、なんかガーベラばっかり買ってるのですが
いつも行っているお花屋さんが必ず一言添えてくれます。

「ガーベラは花自体は強いんですが、茎が弱いんです。
 だから、お水は2〜3pほどで、
 茎が弱ったら短く切っていってください」

最初は、ハーイって聞いてただけなんですが、
何か、メッセージみたいにも聞こえません?

弱点があっても、手入れ次第で長く咲き続けられる。
しかも、弱点が肝心要の茎って。
そっか、君はそうなのか…。

なんか、ガーベラがさらに可愛くなってきました。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2016年11月のブログ記事

トップへ

布亀の健康食品や化粧品の オンラインショップはこちら▼
頭の中の8割の無駄なもの 2016年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる